スマホの料金を手軽に抑えるのならY!mobile、実際の料金をシミュレーションしてみた

前回の続き

で、結局Y!mobileの料金はいくらなのか?

シミュレーションするのは大好きなので、今回もシミュレーターを使います

Y!mobileのスマホ料金をシミュレーション

携帯の料金はとにかく分かり難いんですよね

正直に言ってdocomoやauの料金携帯は全く分かりません

実際にY!mobileを使っているから他社の事を知らないだけかもしれないけど。。。

今回は

Y!mobile料金シミュレーター

で実際の料金をシミュレーションしてみます

Y!mobileの機種や支払い方法を選択

Y!mobile料金シミュレーター

にアクセスをして、シミュレーション画面を開きます

STEP1

このシミュレーションは、今の携帯料金と比較する為のものなので

現在の携帯料金の入力フォームがあります

空白でも問題ありません

STEP2

今回はスマホなので、スマートフォンを選択

STEP3

機種の選択画面ですが、ここでは何でもいいです

ワイモバイル料金シミュレーション①

契約の種類はMNP、他社からの乗り換えを選択

どこの携帯会社でも同じですが、長期契約者と新規契約者は冷遇されるので・・・

支払い方法は24回払い

ワイモバイル料金シミュレーション②

Y!mobileのプランを選択

STEP4

スマホのプランを3つの中から選択します

これは転送量上限の違いだけで

  • スマホプランS:月間転送量上限1GB
  • スマホプランM:月間転送量上限3GB
  • スマホプランL:月間転送量上限5GB

確かこのくらいの転送量のはず

ここではスマホプランMを選択してみます

ワイモバイル料金シミュレーション③

これで実際の料金が表示されます

以上の入力で月額料金が出ます

  1. MNP(携帯番号はそのままで他社乗り換え)
  2. 24回払いを選択
  3. スマホプランS(月間転送量1GB、今ならキャンペーンで2GB)

主な条件はこんな感じ

料金結果は月額3758円

激安でも無く、少し高いかな?と思える料金。。

ワイモバイル料金シミュレーション④

管理人のプランはこんな感じ

ちなみにナマケネコのプランはスマホプランS

更に家族割も追加

ここでは表示されないけど、あと少し割引サービス付けてます

シミュレーターの結果は月額約2700円

ワイモバイルの料金、ナマケネコの場合

とにかく安さを優先したプラン

wifi前提だから、テータ転送量の上限が低くても平気なんです

スマホプランSはwifi環境が必須

月間転送量が1GBでも十分な理由は、自宅ではwifiを利用している為

人に聞かれたら

「wifi環境無しでスマホプランSは結構厳しいと思う」

と答えます

でも自宅にネット環境があるからなら、wifiが使えます

少し前までauやソフトバンクが無料でwifiルーター配ってましたが

あれは解約しても使える便利なツールで、ヤフオクとかで1000円もあれば買えるはず

参考までにナマケネコの月間データ転送量は15GB~20GB

人に話すと結構驚かれる事が多いのですが

パソコン作業中はスマホで動画や音楽を流しながら行うので

どうしてもスマホのデータ転送量が多めになっちゃうんですよね

ちなみにスマホのデータ転送量1GBだと

  • アプリの更新
  • LINE等の必要最低限の確認

くらいしかできないと思って下さい。。

相性が良いのはwimax

一番相性が良いサービスはwimax

waimaxは持ち運べるネット回線と思って下さい

安ければ月額3000円+αで契約できるので

  • ネット料金はwaimaxで3000円
  • スマホはY!mobileで2700円

これでネットとスマホが約6000円で完了

弱点のデータ転送量の少なさもカバーできます

オンラインストアからも新規契約は出来ますが

実店舗からの契約をお勧めします

今ならキャンペーンでデータ転送量を2年間2倍に増量中、です

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。


*